ATFは交換しなくてもいいの?

10万キロは交換しなくても大丈夫…!?

「ATFは10万キロは交換しなくても大丈夫」

そんな話を耳にすることがあります。果たしてそこまで走ってもホントに交換しなくても良いのでしょうか…?

tools-625620_1280

結論からいえば、交換は必要だと考えています。

まず一般的に、

  • ミッションオイル
    マニュアルトランスミッション用のオイル
  • ATF
    オートマチック車用のオイル
  • CVTF
    CVT車用のオイル

に大別されます。今回はATFについて解説します。

 

交換しなくてもいいといわれる理由

「ATFを交換しなくていい」というのは、長い期間交換せずにいたATFを交換すると壊れるという意味も含まれます。

オートマチックトランスミッション(AT)は、摩擦によってギヤが削れます。オイルを新しくしたとき、その金属片がATに詰まり故障してしまうのです。

そのために10万キロ以上走った車は故障する可能性があることから、交換を受け付けない工場もあるのです。また、10万キロほど無交換で走っても壊れない機構でもあるといえます。

なので交換することで故障を考える前に、交換しないことで故障するリスク、つまり定期的な交換を考えた方が賢明です。

 

ATFを交換しないでいると…?

オイルを変えないでいると、加速がスムーズでなくなったり、「ピュー」というエンジン音が発生します。で、ある日突然、動かなくなってしまうということも…。

これらのリスクを考えれば、定期的なATFの交換が必要です。自動車メーカーの方も「使っている状況によって違いはあるものの、日頃から変えた方が良い」とも仰っていました。

 

もっとも10万キロ走っても壊れないという言葉は、10万キロ走る前に代替えしてしまうから壊れない…ということの裏返し。

交換せずにいれば、何らかのトラブルが発生する可能性は当然ですが高くなるのです。

やっぱり距離や所有年数に関わらず、定期的な交換が望まれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です