こんなクルマの「異音」を感じたことはありませんか?

こんな「異音」は要注意!4つの音を紹介します

以前、「クルマの未病」ブログにて『異音』について記事を投稿しました

今回、修理・板金ブログではどんな異音があるのか、いつくかご紹介いてまいります。

 

ファンベルト

バッテリーを充電するために用いられる「オルタネーター」とよばれるベルトの音

異音について、お客様から相談される件数も多い箇所です。

engine-1725318_640

エンジンをかけたあと、しばらくすると「キュルキュル」とか「シュルシュル」という音がすることがあります。

さらにエアコンをかけた状態でアクセルを踏みだすと「ギャー」という音が鳴ることも。

ベルトはゴム製なので、温めたり冷めたりすることで伸び縮みを起こすのが原因です。

劣化も考えられますので、気になったらご相談ください

 

ドライブシャフト

ハンドルの動きをタイヤに伝える「ドライブシャフト」からの異音についてご相談されることもあります。

ドライブシャフトのブーツとよばれる箇所には通常、グリスが封入されています。

たまに遠心力などによってグリスが漏れ出し、ハンドルを切るたびに金属音が鳴ることも…。

グリスが切れた状態でいると、ドライブシャフトが損傷し、交換が必要になる場合もあります。

定期的に車検・点検をしていればグリスの漏れはすぐに発見できます

異変を感じたらお気軽にお申し出ください。

 

ドラムブレーキ

ドラムブレーキというブレーキが搭載されている車は、特に後部の「ドラム」と「ブレーキシュー(ライニング)」については要注意

ドラムブレーキはホイールの内側から押さえる仕組みになっています。

ドラムと直接接するブレーキシューや、シューを取り付けるフロントパッドがなくなると「キーキー」「ゴー」という音が鳴ります。

さらに、そのまま放っておくとパッド自体でブレーキをかけることになるので、大変危険です。

brake-light-333979_640

ブレーキが効きにくくなることもあり、車検・点検等で未然にトラブルを防ぎましょう!

 

エンジンオイルがなくなると…

また、オイルがなくなるとシャトルとメタルが接触し、エンジンを動かしている際に「カタカタ」という音が鳴り響きます。

そのまま乗り続けていると、最悪エンジンが焼きつくこともあるのです。

ここまで来てしまうと、エンジンも総取替となり、修理費用もかさんでしまいます。

mechanic-1106773_1280

オイル交換や点検を定期的に行っていれば防げます

お困り事や心配事などがありましたら、どうぞお気軽に藤沢自動車株式会社(ロータスフジサワ)までお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です